将棋アプリ「森田将棋Final ver.Lite」

スポンサード リンク

森田将棋Final ver.Lite指してみました。

 

森田将棋アプリFinalライト

fortune Inc.

 

見た目も中身も正統派。

 

しっかりと将棋の腕を磨きたい方にピッタリの将棋アプリ「森田将棋Final ver.Lite」をご紹介します。横持ちでの対局は駒台アリで雰囲気抜群です。

 

スマホを横向きにしてプレイ

森田将棋はスマホの将棋アプリでは少し珍しく、スマホを横向きに持ってプレイしますので駒台も用意されています。

 

これは中々雰囲気があって、対人でも良い感じで対局が出来ますよ。

 

森田将棋のメインとなるモードは2つ

「フリー対局」では通常思考対局で対CPUが、二人対局で対人での対局が楽しめます。CPUの強さはレベル1から3までの3段階。レベル1でも中々の強さです。

 

よくある将棋アプリだと最弱レベルはびっくりする様な意味不明の手を指してきますが、森田将棋はそんなことありませんでした。

 

将棋を始めたばかりの方やたまにしか差さないって方だとレベル1から苦戦してしまうかも知れないほどです。

 

そんな時の為にハンデ設定もありました

香落ちから六枚落ちまでが選べるだけでなく、ハンデカスタムを行い自分の好きな様にハンデを付けることも可能です。

 

これを使えば初心者の方でも互角の対局が出来るでしょう。

 

もう一つメインモードの「将棋の道」

このモードでは与えれたミッションをクリアしていくことで将棋道段位を得ることが出来ます。

 

その取得条件となるミッションは10級の「歩を3つ取る」というカンタンなモノから始まりますが、9級の時点で「総合TIME60:00以内に勝つ」といきなりハードルが上がります。

 

森田将棋はCPUのレベル1でも中々に歯ごたえのある将棋アプリですから、将棋初心者の方はここで足止めをされることになりかねません。

 

しかもこの先には駒落ちでの勝利を求められたりもします。

 

やり応えがあるのは間違いありませんが、もう少し初心者に優しく段々と難しくなる様にしてあると尚良かったかなと感じました。

 

ただ、この将棋の道は級が上がっていくうちに対局設定や駒、駒台、盤面などが手に入ります。

 

これらをコレクションする為にも諦めずにチャレンジしましょう。

 

その他にも棋譜再生機能や初心者向けの将棋チュートリアルなども、この将棋アプリには搭載されています。

 

強いCPUと戦う間にあなたの棋力は確実にアップしますよ。

 

この将棋アプリをやりこんでいる間にいつの間にか特技が「将棋」になっているかも知れませんね。

 

ダウンロードはこちらからどうぞ

Google play「森田将棋Final ver.Lite」ダウンロードページへ

Google playへ

App Store「森田将棋Final ver.Lite」ダウンロードページへ

App Storeへ


 
スポンサード リンク
page top