将棋の公式戦と非公式戦の違い

スポンサード リンク

将棋の公式戦とは

 

一般的にプロ棋士(女流棋士)の対局は公式戦と呼ばれ、棋士個人の成績にカウントされます。

 

公式戦は大きく分けて2種類あり、タイトル戦とそれ以外の一般棋戦です。女流棋戦も加えると、現在の公式戦は以下のとおりです。

 

【八大タイトル戦】
  • 竜王戦
  • 名人戦
  • 叡王戦
  • 王位戦
  • 王座戦
  • 棋王戦
  • 王将戦
  • ヒューリック杯棋聖戦

 

【一般棋戦】
  • 朝日杯将棋オープン戦
  • 銀河戦
  • NHK杯将棋トーナメント
  • JT将棋日本シリーズ
  • 新人王戦
  • YAMADAチャレンジ杯
  • 加古川青流戦

 

【女流棋戦】
  • マイナビ女子オープン
  • リコー杯女流王座戦
  • 岡田美術館杯女流名人戦
  • 女流王位戦
  • 霧島酒造杯女流王将戦
  • 大山名人杯倉敷藤花戦
  • YAMADA女流チャレンジ杯

 

中には選抜されたトップ棋士のみが出場するJT将棋日本シリーズや、若手棋士限定である新人王戦、YAMADAチャレンジ杯、加古川青流戦、YAMADA女流チャレンジ杯といった棋戦もあります。しかし基本的には、全棋士が参加するのが公式戦という認識でよいでしょう。

 

公式戦には協賛企業の名前がつく、冠棋戦というものもあります。棋聖戦に「ヒューリック杯」とついたのは2018年度からで、タイトル戦が冠棋戦となったのはこれが初めてのことです。今後も同様の冠棋戦が生まれるかもしれませんし、協賛企業が変わることで棋戦名が変わることもありえます。

 

将棋の非公式戦とは

 

対して非公式戦は、成績には一切カウントされない対局です。これにも大きく分けて2種類あります。

 

【公式戦と同じ真剣勝負の対局】

公式戦ほどの規模ではないですが、真剣勝負としては公式戦と何も変わらない対局です。特に最近まで行われていたプロ対コンピューターの「電王戦」は、将棋界だけでなく一般社会にも大きく伝わる戦いでした。コンピューターに立ち向かう棋士たちの数々のドラマが生まれ、将棋ファンを大きく増やす結果に繋がりました。

 

また最年少棋士の藤井聡太さんが一躍その名を知らしめたのは、新興ネット動画サイトAbemaTV主催の「藤井聡太四段 炎の七番勝負」でした。この七番勝負で藤井さんは、羽生善治さんをはじめとする一流棋士や若手強豪から6勝1敗という圧倒的成績を収めたのです。

 

女流棋戦に目を向けると、「白瀧あゆみ杯争奪 新人登竜門戦」「世田谷花みず木女流オープン戦」という非公式戦があります。いずれも限られた女流棋士のみが出場するもので、決勝戦ではタイトル戦さながらに、華やかな和服を着用します。このようにファンの目を楽しませるのも、非公式戦の特徴のひとつです。

 

【イベントでの対局】

将棋まつりなど、全国各地で行われるイベントでの、余興としての対局です。

 

もちろん対局であるからには真面目に戦うのですが、半分はファンサービスです。そのため公式戦ではめったに見ないような、しかしファンが驚くような戦型で戦われることがあります。たとえば普段は居飛車なのに、イベント対局では振り飛車を指してくるという風に。

 

プロ棋士の戦いを間近で見られることもあって、イベントでの対局はいつも将棋ファンには好評です。そして現地にいなければ観戦できないということはありません。大きなイベントであれば、将棋連盟のモバイル中継で取り上げられるので、全国どこにいても観戦できるのです。

 

非公式戦から公式戦へ

テレビ棋戦の銀河戦は、1991年度にスタートしました。当初は非公式戦だったのですが、2000年度から公式戦となっています。選抜されたプロ対コンピューターの団体戦だった電王戦も、将棋ソフトの強さが十分に知れ渡りその役目を終えると、人間同士が対局する公式戦となりました(優勝者は最強の将棋ソフトと対局)。そして現在は、タイトル戦の叡王戦として発展解消しました。新たなタイトル戦が生まれるのは、およそ30年ぶりのことでした。このように非公式戦から公式戦に昇格するという例も、まれにあるのです。

 
スポンサード リンク
page top